中古車選び
保証・保険
会社情報
アクセス

中古車選びのポイント

修復歴有車の見分けるポイントはココ

ボンネットやドアのナットの山とシーラーを確認しましょう。シーラーとは鉄板を繋ぎ合わせた際に生じるつなぎ目をコーティングしている部分です。なお、シーラーは全部分がおおわれてないクルマや初めから無いクルマもありますので注意が必要です。

 

エンジンルームはラジエーターコアサポートやクロスメンバーに修正、変形が無いかよく確認しましょう。特に各部分のナットの山が欠けていたり、再塗装の跡やパーツの形状に異常がないかはチェックしてください。

 

その他にはジャッキアップポイントの近くにまるでBCG接種跡のようなドットの塊の有無を確認することも大切です。これはフレーム修正機をかけた跡ですので、これがあるクルマは100%修復歴有となります。またその際には、どのような事故でどの部分を修復したかをよく確認することが大切です。

 

トランクルームはトランクのフタの部分が外された跡があるかどうかナットを、ハッチバックタイプのクルマやワゴンタイプならリヤゲートを確認しましょう。

 

細かい点になりますが、スペアタイヤが収納されている部分までカバーを剥がして、不自然な溶接跡がないかまでチェックすると安心です。この部分に水気があったりサビがあった場合には水没車の可能性もあります。

 

リヤクオーターパネルの修理も修復歴有になります。クオーターパネルとは後輪のホイールハウスの上の部分で、この部分はルーフからフレームまでつながっていて、ボディの骨格に該当する部分です。写真のように事故で損傷したわけではなく、消雪剤の塩害による腐食を修理するために切り取って板金した場合には修復歴有になってしまいます。

お問い合わせ

在庫状況や、新車リース、整備・保証などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル
0066-9702-851601
10:00-20:00(水曜定休日)

Webサイトからのお問い合わせ