全国納車いたします
遠方にお住まいで、現車を見に来られない方でもご安心ください。お客様がご納得いただけるまで情報をお伝えし、納車まで対応させていただきます。現在約4割の方が近畿圏外からのご成約で大変満足していただいております。
納車までのステップ10


当サイトの中古車検索、お見積もり依頼ページよりメールして下さい。もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。


お車の内容についてお見積もりや複数画像をメールで返信致します。もしくはお電話にてお答えします。


お車の内容を確認後、ご購入の決定をいただきます。


クレジット販売の場合は事前審査が必要です。


お申込金のお振込確認後ご成約です。この時点で取り置き、売約済になります。



当社より契約書、車庫証明申請書類等、必要書類一式を郵送させていただきます。


必要書類をご手配いただき、全ての書類が整いましたら、同封の返信用封筒にてご返送下さい。


納車日の打ち合わせ。


ご購入代金の残金をご入金下さい。



登録後、管轄の陸運局で引渡し納車かまたはご自宅にお届けします。

ご成約時に必要な書類
お車をご購入の際に必要書類は下記をのとおりです。
● 印鑑証明 1通  発行後2ヶ月以内のもの(普通車購入時)

● 住民票 1通  発行後2ヶ月以内のもの(軽自動車購入時)

● 車庫証明 1式  警察署にて受理した2通(下に記載している車庫証明をご覧ください)

● 委任状 1通  当社にて用意いたします。

● クレジット用紙 1式  クレジット利用者のみ
車庫証明について
車を購入するには車庫証明を取る必要があります。正式名称を「自動車保管場所証明書」と呼び、
車の保管場所(駐車場)のある住所を管轄する警察署で手続きをすることができます。 下記に詳しくご説明します。
■取得手続きの前に確認しましょう。
●駐車場は自宅から直線で2km以内ですか?
●駐車場の大きさは車に対して十分ですか?
 車の大きさより保管(駐車)スペースが狭いと許可が降りません。
●駐車場を賃貸で借りている場合。
 手続き時に「保管場所使用承諾証明書」が必要となりますが、駐車場の賃貸契約書があると保管場所等の
 正確な住所を記入することができ便利です。
●以前登録した保管場所(駐車場)を今回も使いますか?
 警察署は複数登録を防止するために、前に登録した車との入れ替えであることを証明する必要があります。
 例えば、以前使用していた車の抹消登録証明書、解体証明書、廃車・譲渡誓約書等が必要になります。
 管轄する警察により異なりますので前もって警察に問合せをしてください。
■必要書類の準備をしましょう。
・自動車保管場所証明申請書/保管場所標章交付申請書(5枚複写式)
・軽自動車の場合:自動車保管場所届出書/保管場所標章交付申請書
・所在図、配置図を記入する用紙
・保管場所使用承諾証明書(自己所有の場合はいりません)
 駐車場を借りている場合は賃貸契約書のコピーで代用できます。
 ※但し、契約書の中に契約期間以後も継続使用できる文言を記入する必要があります。
  ご確認ください。保管申請場所が自己所有の場合は、その場所が自己所有と証明するために、
  保管場所使用権原疎明書面(自認書)が必要です。駐車場を借りている場合は使用しません。

その他用意するもの
・住民票もしくは印鑑証明書の写し
・認印
■手続きの流れ
 管轄の警察署へ書類一式を取りに行く。
できれば注意点などを聞いておくと良いでしょう。

 自動車保管場所証明申請書/保管場所標章交付申請書を作成する。
記入するには車検証もしくは抹消登録証明書に記載の情報が必要となります。記入方法が分からない場合は警察署へ問い合わせてください。

 保管場所使用承諾証明書/保管場所使用権原疎明書面(自認書)を作成する。
●保管場所を借りている人
 保管場所使用承諾証明書を、駐車場の所有者または管理会社に渡し作成してもらいます。
  ただし、賃貸契約書のコピーでも代用できます。
●保管場所が自己所有の人
 申請者本人が保管場所使用権原疎明書面に記入をしてください。

 所在図、配置図を作成する。
自宅から保管場所までの地図を書きます。いくつかの目標物(コンビニ、工場、会社、学校、ビル等)と自宅から保管場所までのおおよその距離を記入します。 配置図は保管場所を正確に書き、車庫寸法(縦/横)を記入します。また、保管場所に隣接する道路幅と保管場所(駐車場)の入口幅も記入します。 当然ですが車庫寸法は車両寸法より大きくなければいけません。

 一式の書類を提出する。
管轄の警察署へ出向き、必要書類を窓口に提出します。受理票が渡されますので、交付時まで大切に保管してください。車庫証明の交付はおおよそ7日前後かかります。

 車庫証明を受け取る。
受理票と認印を持って警察署へ行き、「自動車保管場所証明書」「保管場所標章番号通知書」「保管場所標章(ステッカー)」を受け取ります。
自動車保管場所証明書(車庫証明):新規登録や名義変更の手続き時に必要となります。
保管場所標章番号通知書:車検証と一緒に保管しておいてください。
保管場所標章(ステッカー):登録された車のリアガラス下に貼りましょう。

費用の参考(実費のみ)
申請費用(証紙代)は、2,700円前後です。
軽自動車は500円くらいです。地域により異なります。